薄毛に悩むのはなにも男性だけではありません。女性だって同じように悩むことはあります。そこで男女の薄毛について考えてみたいと思います。

男性・女性のAGA治療について

鏡を見ている男性

男性も女性もAGAで薄毛になることがあります。
なお女性の場合はFAGAと呼ばれており、また男性とは症状の出方についても違っています。
男性は頭皮が露出することが多い一方で、女性の場合は全体的にボリュームダウンすると言われているのです。
いずれにせよAGAには頭皮のかゆみなど初期症状がみられるので早期に対策をすることで対処できます。
頭皮のかゆみ対策をすることで遺伝による先天的なAGAでないかぎり、生活習慣や食生活などの見直しにより抜け毛や薄毛を改善できます。

そのほかの治療方法としては内服薬を用いる方法が挙げられます。
男性の場合に処方される内服薬は脱毛物質を抑制する作用があるものであり、女性の場合は毛髪を作る為の栄養を補給する作用を持つ内服薬です。
因みに女性用の内服薬は男性が使用することも可能ですが、男性用の内服薬を女性が使用することはできません。
プロペシアやフィンカーといった薬は女性が服用しても効果はありませんし、妊娠していると胎児に影響が出るためです。
また健康を害する恐れがありますので服用は禁止されています。

外用薬による治療もありますが、外用薬は性別関係なく使用することができます。
主に使用されるのは血管を拡張して血流を促進する作用がある外用薬であり、男性と女性のいずれの薄毛にも有効です。
ただ女性の場合は濃度が低めに設定されています。
男性と違って濃度が低くても有効性が確認されていますし、また副作用のリスクがありますので濃度の高い外用薬はデリケートな傾向がある女性の頭皮にはあまり推奨されていないのです。

植毛治療も性別は関係なく受けることが可能です。
植毛治療としては自毛を移植する方法があるのですが、AGAにも有効とされており推奨されている治療法です。
自毛を回復することができるのが大きなメリットであり、回復した後は自前の髪の毛として扱うことができます。

植毛治療には人工毛髪を用いる方法もあるのですが、こちらの方はあまり推奨されていません。
人工毛髪ですと必ず取れてしまいますし、頭皮にも負担になってしまう恐れがあるからです。
治療の選択肢の一つとしては検討してみるのも良いとされていますが、それでも自毛植毛の方が優位に見られています。

最近の投稿
    アーカイブ
    サイト内検索