薄毛に悩むのはなにも男性だけではありません。女性だって同じように悩むことはあります。そこで男女の薄毛について考えてみたいと思います。

お知らせ
脱毛に悩む女性

近年広告などで目にする機会の増えている治療にAGA治療というものがあります。
男女共通の悩みである薄毛の治療の一種であり、このAGA治療の登場により男性型脱毛症で悩む男性には画期的な選択肢が誕生しました。
この男性型脱毛症と呼ばれる症状は、その名称が示す通り男性に多い症状であると言えます。
若い頃から抜け毛が非常に激しい勢いで増えてしまうため、みるみる薄毛になってしまうという非常に恐ろしい体質の様なものです。
原因は既に判明しており、ある種の男性ホルモンの働きが抜け毛を促進する方向で働いていることが分かっているのです。
AGA治療薬として利用されるプロペシアは、その抜け毛を促進する男性ホルモンの働きを抑制するものであると言えます。
プロペシアの主成分はフィナステリドというもので、薄毛、脱毛の原因と言われるジヒドロテストステロンの働きを抑える効果を持ちます。
フィナステリドは副作用が少ないため安心して使用することができます。

この男性型脱毛症と呼ばれる症状は男性特有のものであると思われがちですが、実際には女性の中にも存在しています。
とは言っても抜け毛を抑制する女性ホルモンの影響があるため女性の男性型脱毛症は抜け毛になるのではなく、髪の毛一本一本が細く痩せてしまうことによって全体的に薄毛になるという特徴があります。
原因となっている問題のメカニズムは同じではありますが、女性の場合には男性の様にプロペシアを使うことは出来ないのです。
プロペシアは非常に強力に働く薬であるため、女性の場合には使用できないとされているのです。
そのため女性の男性型脱毛症の対応については男性の場合とは異なり、育毛剤を利用して髪の毛を太く育てるという方法で対応するのが一般的です。
女性がプロペシアを利用するとホルモンバランスに大きな影響を与えてしまうためメリットよりもデメリットが出てしまうのが問題なのです。
特に妊娠中は非常に危険です。

記事一覧
鏡を見ている男性

男性も女性もAGAで薄毛になることがあります。 なお女性の場合はFAGAと呼ばれており、また男性とは...

最近の投稿
アーカイブ
サイト内検索